遺産相続の無料相談実施中。相続相談ネットは、あなたの遺産相続をサポートします。

東京・横浜・横須賀で相続・遺言の相談
6,800件以上の実績!

相続相談ネット

司法書士法人 花沢事務所 行政書士法人 花沢事務所 
株式会社トラストファーム
長治克行税理士事務所 一般社団法人日本高齢者支援協会

> 【横須賀市 50代 男性】遠方の相続手続き後、遺言を作成した事例

【横須賀市 50代 男性】遠方の相続手続き後、遺言を作成した事例

状況

お話をお伺いしたところ、お父様は九州にお住まいで、そこには依頼者様の叔父様も一緒に住んでいらっしゃるとのことでしたが、叔父様は相続人ではないので不動産を相続できず、どうすればいいのか悩んでいるとのことでした。

しかし、何から着手すればいいのかわからないということや、お母様はご高齢で体調が悪く、本人もお仕事があることから相続がそのままになって放っておいたとのことでした。

当事務所からの提案&お手伝い

亡くなったお父様の不動産を相続人のどなたの名義にするかを決め、叔父様とその相続人の方でご相談していただき、その不動産を贈与か売買で叔父様が取得するか、あるいは叔父様が相続人の方の土地を借りる形でそのまま住んでいただくという提案をしました。

相続税の期限が迫っていたので、税理士の方をお客様へご紹介し、現時点の財産と相続人皆様の節税の意向を鑑みた上で、どのような分配が一番よいかを相談し、遺産分割の内容を決めていただきました。

結果

税金や売買代金の兼ね合いで、九州の不動産は依頼者であるご長男が相続し、叔父様はご長男と相談した上で、ご長男の土地にそのまま住み続けていただくことになりました。

ご長男は叔父様に、自分が亡くなっても叔父様の家族がその家に住めるようにと、九州の不動産を遺贈する遺言書を書いてくれるそうです。

お問い合わせ