遺産相続の無料相談実施中。相続相談ネットは、あなたの遺産相続をサポートします。

東京・横浜・横須賀で相続・遺言の相談
6,800件以上の実績!

相続相談ネット

司法書士法人 花沢事務所 行政書士法人 花沢事務所 
株式会社トラストファーム
長治克行税理士事務所 一般社団法人日本高齢者支援協会

> > 限定承認と単純承認

限定承認と単純承認

債務がはっきりしない場合は、限定承認の申請をしましょう!!

単純承認とは、債務と相続財産を無条件・無期限に引き継ぐことです。
相続開始を知った時から3ヶ月以内(熟慮期間とも言います。)に限定承認または相続放棄の手続をとらない場合は、自動的に単純承認となります。
この他に下記の場合には単純承認したことになります。
  1. 相続人が、相続財産の全部又は一部を処分したとき
  2. 相続人が相続開始を知った時から3ヶ月以内に限定承認又は放棄をしなかったとき
  3. 相続人が、限定承認又は放棄をした後でも、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを財産目録に記載しなかったとき
限定承認とは、債務のうち相続財産を超える部分の返済義務を引き継がないことです。
つまり、相続の承認はするけれども、相続債権者のために相続人自身の財産まで提供して債務を弁済するということはしません。
被相続人から承継する相続財産の限度で、被相続人の債務の支払いをするという限度つきの相続のことです。

限定承認の手続の注意点

・相続人全員の総意が必要となります。
・限定承認するには相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に「限定承認の申述書」を家庭裁判所に提出する必要があります。

限定承認の効果/限定承認が有効なケース

  1. 債務が超過しているかどうかはっきりしない場合
  2. 家業を継いでいくような場合に、相続財産の範囲内であれば債務を引き継いで良いというような場合
  3. 債権のめどがたってから返済する予定であるような場合
お問い合わせ